メリット・デメリット

不動産売却のメリット・デメリット

一般的なメリット

・現金化し資産を運用することができる

使用していない不動産ならば売却し、資産を現金化できます。現金化することで、資産運用をすることができます。

 

・維持費が不要になる

戸建てなどの家は経年劣化するので、定期的にメンテナンスや土地の手入れをする必要があるため、維持費がかかります。
使用していない不動産を売却することで、維持費の必要性がなくなるため、負担が軽減されます。

 

・税負担が軽減される

不動産を所有していると固定資産税や都市計画税など複数の税金を払う義務が発生しますが、売却する事で、それらの税金の負担を減らすことが可能です。

 

・戻ってくるお金がある

売却代金で住宅ローンを完済すれば、ローン借入時に支払った保険料が銀行から返却されて、その後の利子負担がなくなります。

 

 

一般的なデメリット

・売却には諸費用がかかる

不動産を売却する場合、譲渡費用として印紙税や測量費、仲介手数料といった費用が発生します。
これらの費用が思ったよりも高額になる場合は少なくありません。
譲渡税の発生 売却によって得られた利益に対して「譲渡税(所得税、住民税)」が課税される場合もあります。

 

・すぐに売れるとは限らない

不動産の売却は相手がいて初めて成立する取引ですから、買い手が見つからなければ売却資金を得ることはできません。
不動産の売却には、思ったようなタイミングや価格で売れないこともあるということを理解しておくことが大切です。

 

・タイミングによって売却額が異なる

不動産の価格は、常に変動しているのが一般的です。
売却時期の見極めを誤ると、売却金額で大きく損をしてしまうリスクがあることも理解しておきましょう。

 

 

これらのメリット・デメリット以外にも、売却するかどうかを決定するために
知っておきたい知識や手順があります。
売却理由や条件などを加味した上で、どのように売却していくかは
専門的な知識やノウハウを備えた専門スタッフに相談するのがおすすめです。

まずは、リビング奈良にご相談ください!
お客さまの売却事情に応じた、最適なご提案をさせていただきます。

« »